読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

OSILIS~Offer Simple Life Saga~

シンプルライフをプライベート/ビジネスともに追求するブログ/オシリス

"~はどうですか?って英語で何て言うの?"How about ~"

英語 勉強法

"~はどうですか?"="How about ~"

 こちらは、大事な部分にフォーカスしたいと思って調べたフレーズです。こういう話の末尾というか、枝葉の部分をど忘れすると、重要な部分の前後が長ったらしくなって会話がNot Coolになってしまいます。

 

伝えたくない部分=最小限の英語

 例えば私が日常で焦りながら、「~はどうですか」という場合、パッと考えてみると「How do you think about~」となるみたいですね。長い。

 

 私はまだ話している時に、主語は?動詞は?と順番に考えてしまっているらしく、"How about~"みたいな受験とかで当然やったレベルのフレーズが苦手なんだと最近わかりました。

 

 英文メールを書く必要性に迫られるところから英語ライフが始まったせいか、なんか作文でもしてるかのような文章になってしまうんですよね。

 

 それか完全に頭真っ白状態になり、「Monday, is it OK for you?」とかよく言ってしまいます。これどうなんでしょうね(調査不足)。とりあえず会話の流れはあまりスムーズに進まないので、私はこういう言い方は改善したいと思い勉強中です。

 

"How about ~"

  • How about on Monday 3pm deadline?(納期設定)
  • How about MTG at 3pm?(会議設定)
  • Could you tell me how about the result.(進捗確認)

 私は主にこんな感じで使っていきそうですね。あくまで私の用途なので参考までに。後最近だと相手の状況確認のときなどにも使えそうですね。

  • How is your new workplace?
  • How was your vacation?
  • How was your Year end holiday?

 「相手の状況」を簡単に聞きたいケースって私は凄く多いんですが、またその場になると、「Could you tell me how do you spent your holiday」とかしか思いつかなくなっちゃうんですよねえ。苦い

 

 まあ周りの英語スキルもバカ高いわけではないのですが、日本語で「差し支えなければ貴方がどう休日を過ごされたか教えていただけますか?」って言っていると思うと頭痛が痛く存じます

 

実際使うイメージに叶う英語だけが良い英語

 あくまで私は、という話ですが、英語教科書や英単語帳の最後になると大挙して押し寄せる「これ海外の人ホントにスペル覚えてんのかよ」的なフレーズや単語は必要ないかなというポジションでいます。

 

 いわゆる「英単語何千」的な本や、「スマートな英語学習」サイトで色々覚えてきましたが、使うときに思い浮かばないです(能力不足)。しかも気づいたのが、海外のネイティブも別にあんな難しい英語使ってない

 

 まあもちろん日本環境なので、難しい語句を使わないように、というフィルターもあると思いますが、ネイティブ同士の会話でも意外に使っている単語・フレーズは基本的なものなんですよねえ。

 

 日本人のイケてるEnglish Speakerも、その人固有の超便利フレーズ+ベーシックな英単語を、高い瞬発力でスラスラ話せているから、英語が話せるように見えるのだということに気づいてから、私もその形を目指しています。

 

 まだ英語記事3フレーズ目で何なんですが、使う1フレーズは使わない100熟語に勝るとヒシヒシと感じます。せっかくの年末なので、なるべくこの期間に進めて、2016年度の武器にする英語セット10みたいな感じで最後まとめようかなと思います。(私は)成長できそう!(他の人の役に立つとは言っていない)。

 

 How about English learning for you too? 

英語を続ける技術

英語を続ける技術

 

インスピを受けた経緯と、現在の英語学習手法は、以下に書きました。4649!  

noblesseoblige.hatenablog.com

広告を非表示にする